ご利用ガイドライン

アサインナビのご利用ガイドライン

アサインナビは、アサインナビを通じて企業同士または企業とフリーランスの商談機会をつくり、「新たなビジネスパートナーと出会うプラットフォーム」となることを目指しています。日々営業担当がお客様先に足を運んで信頼を得た結果、人材調達を相談された案件…人事担当が熱意を持って採用したエンジニア・コンサルタントや独立を決意したフリーランス…様々な個性を持つ企業や人材が「アサインナビ」という1つのプラットフォームに集い出会うことで、イノベーションが起こるようなサービスでありたいと願っています。その一方で、ITプロジェクトは変化が激しく、急な人材の調達や案件の開拓が必要になることも多いです。そのため効率よく良い企業・良い人材と出会うことが重要です。

普段IT案件やIT人材を探すとき

1.既存のビジネスパートナーや取引先にメールや電話をする
2.該当する条件の案件や人材があるかを確認する
3.条件にマッチする情報を持っている場合、面談を依頼する
…という手順で進めると思います。

アサインナビは、リアルな案件情報と人材情報が掲載されていることで、1~2の手順を省き、ファーストコンタクトの時点でマッチしている情報を持ったもの同士が会うことができる、効率的な営業活動を支援します。このようなサービスを目指して、アサインナビは設計されています。
しかし、アサインナビはあくまで営業ツールでしかないため、成果が出るか出ないかは、活用方法による部分も大きいです。そのため、アサインナビの効果を最大限に得られるように、本ガイドラインを作成しました。
このガイドラインはアサインナビの利用規約を構成する一部となり、必要に応じて更新されます。必ず目を通していただき、ご理解・ご承諾の上ご利用ください。


会員登録をするとき

アサインナビでは、会員様に合わせて営業活動に役立つようなサポートや、情報のご案内をしております。そのため、企業に所属している方は、案件を探す場合も人材を探す場合も、「法人会員」としてご登録ください。フリーランスとして活動されている方は「フリーランス」としてご登録ください。


案件を探すとき

■「レジュメ情報」を掲載するときのマナー
企業が人材調達する際は、営業としてあなたが担当しているIT人材、もしくはフリーランスであるあなた自身が、プロジェクトに対応できるかどうかを確認しています。そのため、人物像・スキル・希望条件が把握できるように、複数の人材がいる場合でも、レジュメ情報はまとめず1人ずつ掲載していただくようお願いいたします。
もしも、セット提案やチーム提案をする場合は、全員分のレジュメを登録し、各レジュメを登録する際に、セット、チームにしたい人のレジュメID(レジュメ詳細の右下にある12桁の番号)を記載してください。かつ、セット提案、チーム提案を希望条件に記載するようにしてください。

■「応募メッセージ」を送るときのマナー
人材を探している企業は、あなたから自社の提示する要望に沿った応募が来ることを想定しています。
そのため、記入されている要件をよく読み、応募しようとしている人材が制限をクリアし要件を満たしていることを確認したうえで、応募メッセージを送ってください。
また、掲載しているレジュメの中から応募をして頂くようお願い致します。

なお、案件元に条件の交渉をしたい場合は、応募時に、交渉したい内容や応募した理由をメッセージに添えてください。
応募をする前に案件元に対して不明点などを質問をすることも出来ますので、ご不安な場合は質問機能をご利用ください。

プロジェクトを成功に導くため、協力してもらえるような人材や企業と出会うことに、営業担当は日々多くの時間を費やしています。
レジュメを掲載するときや案件に対して応募メッセージを送るときは、案件元企業へのご配慮を忘れずに行ってください。
ガイドラインに沿ったレジュメ情報の書き方、応募メッセージの一例については、以下のページを参考にしてください。

アサインナビH!NT記事へ


人材を探すとき

■「案件情報」を掲載するときのマナー
案件を探すときは、「その現場ではどのような労働条件のもと、どのような業務をするのか」などの具体性のある情報を確認し、興味を持った案件に応募します。そのため、複数のプロジェクトがある場合でも案件情報は1つにまとめず、1つ1つのプロジェクトを案件情報として掲載していただくようお願いいたします。

また、商流が明確な案件を掲載していただくようお願いいたします。

・クライアント案件(あなたが「エンドユーザーの立場」としてあなたの会社のプロジェクトで人材を募集する場合)
・プライム案件(「元請の立場」としてあなたの会社に所属する人材が参画しており、その現場の増員や交代要員で人材を募集する場合)
・サブコン案件(「二次請けの立場」としてあなたの会社に所属する人材が参画しており、その現場の増員や交代要員で人材を募集する場合)
・エージェント案件(クライアント・プライム・サブコンまでの商流で、人材の仲介のみをする場合)

クライアント・プライム・サブコン案件と、エージェント案件の違いは、「あなたの会社として参画している人材がいるかどうか」です。
商流によって、案件の閲覧数や応募数が少なくなることはありません。
ですが、誤った商流を記載することでトラブルになることはあります。正しい商流情報を記載してください。

それぞれの商流にはメリットもあれば、デメリットもあります。
大事なことは商流が明確な案件を掲載して、しっかりと案件の魅力や自社の魅力を伝えられるようにすることです。

■「スカウトメッセージ」を送るときのマナー
案件を探している方は、あなたから自分の要望に沿った案件でスカウトが来ることを想定しています。
優秀な人材ほど、多くの案件元企業からスカウトメッセージが送られているため、一通一通丁寧にメッセージを送付したほうが返信が返ってきやすいです。
そのため、人材側の希望条件をよく確認し、掲載している案件の中からスカウトをしていただくようお願いいたします。

なお、人材側に条件の交渉をしたい場合は、スカウト時に、交渉したい内容やスカウトした理由をメッセージに添えてください。

プロジェクトに協力してくれる人材がいるからこそ、プロジェクトは成り立っています。
プロジェクトを案件情報として掲載するときやスカウトメッセージを送るときは、人材側へのご配慮を忘れずに行ってください。

ガイドラインに沿った案件情報の書き方、スカウトメッセージの一例については、以下のページを参考にしてください。

アサインナビH!NT記事へ


なお、上記はあくまでガイドラインであり、厳密に上記に当てはまらない場合でも 運営チームが不適切と判断した場合は、注意喚起やアカウントの停止をさせていただく場合があります。

もしなにかわからないことや、不快に感じたこと、ガイドライン違反だと感じることがありましたら、画面右上のプロフィールアイコンから「トラブル連絡」のフォームよりご相談ください。